結婚20年目!夫婦生活や夫婦仲はどう変化するの?

「いよいよ今年で結婚20年目!」

結婚されて20年目とは「磁器のように硬く結ばれた夫婦の絆」を表す「磁器婚式」の記念日を迎える節目の年になります。

あと数年で結婚20年目を迎える方や、これからの夫婦仲を心配されている方は、

「結婚20年目って、どんな夫婦生活を送っているんだろう?」

今後の結婚生活や夫婦仲に不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「実際に結婚20年を迎えた方の夫婦生活や夫婦仲は、どんな変化があったのか?」「ポジティブ編・ネガティブ編」に分けて調査しました!

興味のある方は、是非参考にされてください。

結婚20年を迎えた夫婦にはどんな変化がある?(ポジティブ編)

それでは実際に結婚20年を迎えた夫婦の変化(ポジティブ編)についてご紹介していきます。

ご自身が「結婚20年目にはどんな夫婦になるか?」を想像しながら、ご覧になってみてください。

周りに比べると、夫婦仲が良い

3人の子宝にも恵まれて、気付けば今年で結婚20年。

お互いに不満はあったけど、それなりに支え合って関係を保ってきた結果、周囲の夫婦と比べると仲が良い方。

すでに離婚している知人も多いけど、特に離婚の心配もなくこれからも夫婦としてお互いにやっていけそう。

もうすぐ成人する子供たちの成長と孫の顔を見るのがこれからの楽しみです。(50代前半 女性)

結婚当初は良くなったけど、今は良好

正直、結婚当初はお互いの仕事が多忙で夫婦仲は最悪でした。

もしかすると、「離婚は時間の問題かも」と思っていたけど、子どもが出来たことで夫の態度が急変。

父親や夫としての自覚が芽生えたようで、私にも子どもにも愛情を注いでくれる子煩悩な夫になりました。

色々とありましたが、あっという間の20年でお互いに親離れする子どもにさみしさを感じながらも夫婦で仲良くやってます。(40代後半 女性)

口喧嘩は多いけど、お互いに居ないと困る

私たちには残念ながら子どもが出来ませんでした。

私の仕事が多忙で収入も比較的良く、妻は専業主婦でありながら、暇な時は小遣い稼ぎにパートに出たりしていました。

お互いに思う事は多く口喧嘩が絶えなかった20年という結婚生活ですが、妻への感謝の意味も込めてささやかな「磁器婚式」を用意したところ「あなたと結婚できて良かった」と口にしてくれました。

照れ臭くて、その場をごまかしましたが目頭が熱くなりました。

夫婦だけにしか分からないことですが、お互いに居なければ困る存在だということが改めて確認できました。(40代後半 男性)

ようやく子供が成人!これから夫婦の時間を大切に

実は私たち、いらゆる「授かり婚」です。子どもは女の子で今年、ようやく成人で短大を卒業します。

自分でいうのも何ですが、家族思いの良い女の子に成長してくれました。

「親の背中を見て育ったんでしょうね」と周囲にも良く言われますが、夫も精一杯、父親として、また旦那として20年間しっかりと役割を果たしてくれました。

そのことが、私と娘の「尊敬」と「感謝」の気持ちを育ててくれたのではないかと思います。

20年間、本当にお疲れ様、これからも夫婦の時間を大切にし体に気を付けて仲良く過ごしていきたいと思います。(40代前半 女性)

結婚前から変わらず夫婦仲はとても良い

私たちは子どもを授かることができませんでした。

主人も私も子どもは好きですので、子沢山の家庭を見ると正直、羨ましい気持ちはあります。

当時、不妊治療をして子どもを授かることを何度も考えましたが、それを察した主人が「お前さえ居れば、それで良い」という言葉をかけてくれたお陰で、精神的に凄く楽になったことが昨日のようです。

人それぞれだとは思いますが、私は主人共々、健康に暮らし暇を合わせては二人の趣味でもある旅行に現在も国内外問わず飛び回っております。

20年という月日は長いようですがとても短く、あっという間でした。

夫婦仲も結婚前と変わらず、お互いにリラックスできる存在です。

思いやりのある主人と出会えたことこそが私にとって一番の幸せだと実感しています。(50代前半 女性)

結婚20年を迎えた夫婦にはどんな変化がある?(ネガティブ編)

ポジティブ編をご覧頂いた後には、厳しいかもしれませんが、続いて、実際に結婚20年を迎えた夫婦の変化(ネガティブ編)についてご紹介していきます。

結婚当時、どんなに仲が良かった夫婦も夫婦生活が長くなるにつれて残念ながら不仲になる場合もあります。

ネガティブ編の現実をしっかり受け止められてください。

仲は悪くないけど、良くもない

旦那は出張が多い営業職です。

子どもは成人前の男の子と高校生の男の子二人いますが、部活や遊びたい盛りで家にいることが少なくなってきました。

口が上手い旦那の性格上、浮気をしているかもしれませんが他県などの出張が多いため真相は分かりません。

今年で結婚20年目を迎えますが、仲が悪いわけではありません。

しかし、夫婦だけででどこかに行くことも無くなり、結婚20年を迎えることを旦那が覚えているかも、この先どうなるかも分かりません。(40代後半 女性)

会話も無し、夫婦仲は冷めきっている

子どもは3人、男の子と女の子が二人、高校生と中学生です。

大恋愛の末、結婚しましたが、子育ての価値観が合わず、だんだんとギクシャクした関係に・・。

子どもは今からがお金がかかる時期だとお互いに思ってはいるんでしょうが、今は何を考えているかも分からない状態です。

今年で結婚生活は20年を迎えますが正直、夫婦関係は最悪です。

子どもも分かる年齢ですが、夫との会話は無し、完全に夫婦仲は冷め切っています。(40代 女性)

夫婦でお互いに不倫している

高校生の男の子がいます。

仕事柄、飲み会も多く帰りが遅くなる日々で最初は口うるさかった妻も今では何も言いません。

それもそのはず、妻はおそらく不倫をしています。私の同僚が私以外の薬指に指輪のある男性と仲睦まじく食事をしているところを何度も見かけたそうです。

でも、実は私もこっそり会社の既婚女性と不倫をしています。もしかすると、妻も私の不倫に気付いているかもしれません。

それでも今年で結婚20年目を迎えるので、感謝の気持ちを込めて磁器婚式でプレゼントを準備したいと思います。(40代後半 男性)

離婚したいけど迷っている

旦那とは今年で結婚20年を迎えますが、正直な所、離婚しようか迷っています。

というのも、一人っ子の子ども(女の子)が高校を卒業し、働き始めたからです。家庭をかえりみない旦那だったからか、娘も旦那を頼らずに育ってしまいました。

娘からも「お母さん、離婚して良いよ」と言われていますが、ご近所の目や経済的に不安な側面もあるので、離婚に踏み切れずにいます。(40代後半 女性)

子どもが成人するので離婚を選択

20歳の男の子を持つ母親です。

出来ちゃった婚でしたが、ある事件まではそれなりに仲の良い夫婦仲だったと思います。

ある事件とは、子どもが中学生の頃に旦那の浮気が発覚、離婚を考えましたが旦那の必死の謝罪で何とか離婚は踏み止まりました。

しかし、旦那への気持ちは完全に離れてしまいました。

もちろん、夫婦生活は無く今年で結婚20年ですが、同時に息子も成人し、専門学校を出て社会人になります。

これを機に旦那とは離婚しようと決めています。(40代 女性)

まとめ

今回は、実際に結婚20年目を迎える夫婦の生活や夫婦仲の変化をポジティブな意見とネガティブな意見に分けてご紹介してまいりました。

結婚20年目を迎える夫婦には、比較的ですが、子どもがいない場合、余計に絆が深まるのか夫婦仲のポジティブな意見が多く、反対にネガティブな意見には「浮気」や「不倫」をしている方の意見が多く見られました。

結婚20年目を迎える夫婦には「幸せな夫婦関係」もありますが、「浮気」や「不倫」、すれ違いによって離婚を選択するようなケースが正直な所、多く見られました。

ご覧になられた方は「磁器のように硬く結ばれた夫婦の絆」を表す「磁器婚式」の記念日を迎える夫婦関係を築きたいものですね。

また、「浮気」や「不倫」の証拠を押さえたい、浮気や不倫の事実をしっかりと証明したい方には「探偵への相談」をおすすめしています。

当サイトでも「探偵事務所の選び方」や「探偵事務所の料金」などについてご紹介した記事を公開しておりますので、興味のある方は是非一度ご覧になってください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る