50代の男性は浮気に走りやすい!?その背景や対策とは?

「50代の男性」というと皆さんは、どんなイメージを持たれていますか?

お聞きする年代によっても様々な意見が聞こえてきそうですが、実はその人にもよりますが

「50代の男性は浮気に走りやすい」

ことをご存知ですか?

「いやいや、ウチの旦那に限って・・」

などと油断されている奥さんこそ、実は「旦那さんがコッソリ浮気をしていた」なんて話はよく耳にされるのではないでしょうか?

そこで今回は50代の男性をパートナーに持つ女性に向けて「50代の男性が浮気に走る背景」とその「対策」について解説していきたいと思います。

50代の男性が浮気に走る背景とは?

年齢的には「シニア」の世代に差し掛かる「50代」。

すでにお孫さんがいらっしゃるご家庭も多く「おじいちゃん」と呼ばれる男性も増え始めます。

そんな世代の男性が何故、浮気に走ってしまうのでしょうか?

ここでは、「50代の男性が浮気に走ってしまう背景」について解説していきたいと思います。

夫婦関係の悪化とマンネリ化

日本人の離婚率が非常に高いことはご存知の方も多いかと思います。

50代の旦那さんとご一緒の奥さんは再婚でない限り「長い結婚生活」を共に過ごされています。

最近も私の知人で奥さんは40代、旦那さんは50代で子育ても一段落した夫婦の奥さんの言葉に絶句しました。

「子どもを二人も作ったけど、旦那のどこが良かったのか今では分からない」

子育てや家事に追われた毎日、非協力的な旦那さんの態度に「価値観の違い」や「すれ違い」を感じて冷めていったと冷静に分析されていました。

お子さんがいるお陰で何とか離婚を踏み止まっている・・そんな「離婚予備軍」やマンネリ化した夫婦が日本にはたくさんいます。

すでに結婚とは名ばかり籍を入れているだけでお互いに浮気をされている50代の仮面夫婦は意外と多いものです。

経済的に余裕がある

50代の男性ともなると、会社での地位やビジネスなどで成功し、経済的に余裕のある方も多く見られます。

また、経済的に余裕があることで仕事の延長線上にある「飲み会」や「会食」などの外出する機会やその席で女性と出会う機会も多くなりがちです。

前述したように「夫婦関係の悪化」やマンネリ化した旦那さんは、奥さんとの夫婦生活が無いために、奥さん以外の女性と浮気をしてまう傾向が強くなります。

実は「モテる50代男性」は多い

50代の男性というと「オジサンで女性には相手にされてない」というイメージが強い方も多いかもしれません。

しかしながら、どんな男性でも「浮気をしたい」という願望がある限り、女性との出会いを求めているため浮気の可能性は高くなりますし、自分磨きをされる男性も多く、魅力的な男性が多いことも事実です。

近年ではネットの普及によって簡単に女性と出会える環境はたくさん存在します。当然ながら「50代の男性」をターゲットにしている女性もたくさん存在しますので、浮気をしやすい世の中にあることも忘れてはいけません。

女性に頼られる男性も多い

「モテる50代の男性」にも類似していますが「人生経験が豊富で仕事ができる」「経済的にも精神的にも余裕あって大人」そんな頼りがいのある魅力的な男性から口説かれたら、果たしてあなたは「NO」とはっきりと断ることができるでしょうか?

断ることができたとしても、いざ、ご自身に何か不安や悩みがある際は「頼りたくなる存在」になることは大いにありえますよね。

色々と相談しているうちに「男女の仲になっていた」なんてことはよくある話です。

アクティブで元気な男性が多い

50代になっても浮気をする男性は「アクティブで元気な男性」つまり、「性欲の強い男性」が多い傾向にあります。

もちろん、「女性」にだけエネルギーを注力する男性ばかりではありませんが、性欲が強い男性はそのエネルギーを持て余しているため浮気をしやすいといえます。

また、男性の性欲は年齢に関わらず差があります。

実際に「20代の男性」よりも「50代の男性」の方が性欲が強い場合もありますので、浮気をしやすい50代の男性が存在することは何ら不思議なことではありません。

50代男性の浮気!その「対策」とは?

「50代の男性が浮気に走る背景」は理解して頂けたでしょうか?

それでは、一体どのようにすれば旦那さんの浮気を防止することができるのでしょうか?

ここでは「50代男性の浮気」その「対策」について解説していきたいと思います。

浮気の決定的な証拠を突きつける

旦那さんが浮気をしている可能性が高い場合は、「探偵」などに依頼して「決定的な証拠を突きつける」ことを念頭に置きましょう。

万が一、夫婦関係が完全に破綻したとしても「不貞行為」を証明する重要な証拠にもなりますし、関係を修復する可能性がある場合は、旦那さんに改心させるキッカケになる可能性もあります。

旦那さんにお灸を据える上でも「浮気の決定的な証拠」は浮気防止の対策としてはとても有効な手段です。

夫婦生活の見直し

旦那さんの浮気の有無に関わらず、この機会に「夫婦関係」や「夫婦生活」の「見直し」をされてはいかがでしょうか。

例え、冷え切っていると思っていた夫婦関係でも、本当は旦那さんの方が奥さんと仲良くしたい、昔みたいな仲睦まじい関係に戻りたいと思っているかもしれません。

旦那の浮気を改心させたい、浮気なんてされたくない!と思われているならば、ここは思い切って奥さんの方から「これからの夫婦生活や夫婦関係」について話を切り出してみてはいかがでしょうか。

浮気のリスクを理解させる

夫婦関係の良し悪しに関わらず、旦那の浮気を止めさせたい奥さんは、旦那さんにお灸を据えるためにも「浮気のリスク=不貞行為のリスクを理解させること」も浮気防止の対策になります。

「慰謝料」「財産分与」などの経済的なダメージ、「羞恥」「軽蔑」などによる子どもとの疎遠などをイメージすることで、決定的な証拠が無かったとしても旦那さんは浮気を止める可能性が高くなります。

ただし、離婚を望まれていない奥さんであれは「離婚のリスク」や「浮気を否定して認めない」「証拠隠滅」といった自分が有利になるような何らかの対策を講ずる旦那さんもいますので、並行して「浮気の決定的な証拠」を掴んでおくことを強くおすすめします。

まとめ

今回は「50代の男性をパートナーに持つ女性」に向けた「50代の男性が浮気に走る背景」やその「対策」について解説してまいりました。

結婚生活が長ければ長い程、想定もしていない旦那さんの浮気や裏切られた場合の精神的ショックや虚無感も大きくなります。

魅力的な50代の旦那さんがいらっしゃる場合は、「浮気に走る背景」やその「対策」を是非参考になさってください。

また、すでに「旦那さんに浮気の可能性がある場合」や「決定的な証拠を掴みたい」と思われている奥さんは、当サイトでも「浮気調査に強い探偵事務所の選び方」「気になる探偵の料金」についても解りやすく解説した記事を公開しています。

この機会に是非一度ご覧になられてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る