30代の女性が不倫に走りやすい「共通の理由」とその対策!

  • 2020/3/16
  • 30代の女性が不倫に走りやすい「共通の理由」とその対策! はコメントを受け付けていません。

30代の女性というと、結婚して出産を経験し、子育てや家事に追われる毎日、あるいは多忙な仕事に追われる毎日を送られているのではないでしょうか?

いずれにしても、多忙な日々を過ごしている30代女性に対し、ある調査機関が「300人を対象に行ったアンケート」によると、

全体の約4割もの女性「7人中3人」が「不倫をしたことがある」

と回答したいう事実が浮かび上がってきました。

一概には言えませんが、今回のアンケートでは約半数弱もの30代女性が不倫をしたことがあるという結果にはとても驚かされてしまいました。

それでは、「何故、30代の女性はこんなにも不倫に走りやすい」のでしょうか?

不倫をしたことがあると回答した女性に意見をヒアリングしたところ、そこには「ある共通の理由」がありました!

今回は、そんな家事や育児に大変な毎日を送っているイメージの強い「30代女性が不倫に走りやすい共通の理由」や不倫に走らない為の「対策」について解説していきたいと思います。

30代の女性が不倫に走りやすい「共通の理由」とは?

それでは、一体どんな理由から30代女性は不倫に走りやすい傾向にあるのでしょうか?

早速ですがヒアリングから得た「30代の女性が不倫に走りやすい」とされる「ある共通の理由」について解説していきます。

職場の妻帯者である上司や男性に惹かれてしまって

30代女性が不倫に走る共通の理由として、一番多く見られたのが「職場の妻帯者である上司や男性に惹かれてしまった」という意見でした。

1日の3分の1の以上の時間を「職場」で過ごす30代の女性は大変多く、仕事を通した悩みや信頼を職場の上司や男性に寄せる女性は多く存在します。

その職場で発生する悩みを解決し、厚い信頼感が妻帯者と分かっていながら「恋心」に変化してしまう30代女性が多く見られました。

男性との接触も多く、信頼関係も深く人生で濃密な時間を過ごす職場では、男性が妻帯者ということを忘れてしまうような心理状態に陥りやすい女性も多くいるようです。

旦那との関係が冷めてしまって

30代の女性ともなると結婚や出産を経て、子育て真っ最中の女性も多くいらっしゃいます。

子どもが生まれてから関係が崩れてしまう夫婦も多く、子育てや将来の価値観のズレやすれ違いから完全に関係が冷えきってしまった夫婦まで存在しました。

人生で一番分かり合えていたはずの男性が、いつの間にか「一番分かり合えない男性」に変わってしまうことで、別の男性に惹かれて不倫に走ってしまう30代女性の意見がありました。

お子さんの未来があるにも関わらず、それらの30代女性に共通する理由は「旦那との関係が冷めてしまったから」です・・。

日頃のストレスや欲求を解消したくて

性別や年齢に関わらず、人間は悩める生き物です。

前述したように30代女性の中には「毎日の家事や子育て、多忙な仕事や職場の人間関係、将来への不安」といった日々にストレスや欲求への不満を抱えている女性も多くいました。

その中でも、日々のストレスや欲求を解消するために不倫をする女性が一定数いることが分かりました。

驚くことにストレスや欲求を解消するために不倫をする女性のほとんどが「罪悪感は無い」と答えていることです。

不倫への慣れか、割り切った感情で不倫を捉えているためかは分かりませんが、「今が良ければそれでよい」と考えている女性が多くいるように感じました。

魅力的な妻帯者への気持ちを抑えられない

不倫に罪悪感を抱えながらも「魅力的な妻帯者」に出会ってしまい、自分の感情を抑えきれずに不倫関係を続けている30代女性もいました。

独身男性であれば何の問題もありませんが、不倫相手の男性には奥さんだけでなく「子ども」がいるケースもあります。

その場合の男性の神経も疑いますが、奥さんやお子さんの未来をご自身が蝕んでいることに気付くべきです。

唯一の希望は、ほとんどの30代女性がこのケースで「いずれは関係を解消したい」と思われていたことです。

30代女性が不倫に走らないための「対策」!

前述したように、30代女性には不倫に走りやすい「共通の理由」がありました。

それでは、どうすれば不倫に走らなくて済むのでしょうか?

ここでは「30代女性が不倫に走らないための対策」について解説していきたいと思います。

不倫の代償やリスクを理解する

まずは、不倫に走ることでご自身が背負う代償やリスクをしっかりと理解することが重要です。

「バレなければ良いじゃない」などの甘い考えは捨てましょう。

決して、脅すわけでもなく現実として不倫をすることで背負うダメージは次のような項目があります。

  • 不倫相手の奥さんからの慰謝料請求による「金銭的ダメージ」
  • 経済的なダメージによる「社会的信用の失墜」
  • 職場に不倫相手がいる場合は「失職」や「退職」に伴う「社会的ダメージ」
  • 30代という大切な時期「時間の浪費」
  • 友人、知人、身内などの「人間的信用の失墜」

現実味の無い方は、前述したいずれかのダメージを負って初めて気付くかもしれません。

この機会に不倫の代償やリスクをご理解頂いた方は、ご自身の大切な未来を守るためにも不倫に走らないための対策をしっかりと胸に刻まれてください。

没頭できる「趣味」を見つけることに注力

不倫に走りやすいと自覚されている方は、何か没頭できるような趣味を探すことにエネルギーを注ぐことも不倫を回避する行動や対策として有効です。

日常に不満やストレスを抱えていたとしても、没頭できる趣味を持つことや趣味に携わっているだけでストレスの解消にもなりますし、不倫に注がれるエネルギーは大幅に削られます。

不倫なんて無縁の没頭できる趣味を見つけることは不倫に陥らないための対策として、とても有効な手段です。

不倫相手と一切の連絡を絶つ

現在、進行形で不倫関係にある方や、「ホントは不倫なんてしたくない」と思われている方は、この機会に思い切って不倫関係に終止符を打ちませんか?

これは不倫に走らないための対策ではなく、不倫関係を解消するための対策になりますが、「不倫相手との連絡を一切絶つ」ことで不倫を解消することはできまんか?

不倫をすることの代償やリスクでご紹介したことが理解できる方であれば、「不倫で失うものがどれだけ大きいことか?」が理解できるはずです。

不倫は一時の安らぎであって、本当の意味での安心を見出すものではなくむしろ真逆の不安要素をたくさん見い出す行為です。

このことを理解した上で、この機会に甘い誘いに乗らず迷わず不倫相手との連絡を一切絶ち切ってください。

自分が思っているよりも、あっさりと不倫が解消できる場合が多いはずです。

妻帯者を恋愛対象から外し真剣に婚活へ取り組む

そもそも論になりますが、「妻帯者であってっも恋愛対象」という女性や価値観のある方は、まず「恋愛対象」から「妻帯者」を削除されてください。

また、「いずれは結婚したい」という結婚願望のある30代女性の方は決して焦る必要はありませんが、素敵な独身男性との出会い「婚活」を真剣に取り組まれてみてはいかがでしょうか。

30代という大切な日々や時間は決して戻ってきませんし、不倫なんかに時間を割いている場合ではありませんよね。

いずれにしても価値観は人それぞれですが、後悔のない30代を過ごすために真剣に検討されてみてください。

まとめ

今回は「30代女性が不倫に走りやすい共通の理由」や「不倫に走らないための対策」についてご紹介してまいりました。

不倫は「一時の安定剤」であって、あなたに不利益をもたらす要因になりかねない危険な行為です。

この機会にしっかりと不倫に走らないような強い意志を身に付けてください。

そして、この記事が全ての「未来ある30代の女性」の毎日のために、輝いて生きていける手助けが少しでもできれば、少しでもお役に立つことができれば幸いです。

最後までお付き合い頂きまして、本当にありがとうございました。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る